ゾクチェンのブログ

チベットのゾクチェンの教えとボン教に関するブログ

雑音で瞑想できない( TДT)

あなたの瞑想が上手くいかないのは、ひょっとすると音が原因だからではないでしょうか?床の上にジッと座って、心のなかを空っぽにしようとします。はじめのうちは上手くいくかもしれませんが、どこからともなく音が聞こえてくると途端にその音で瞑想が邪魔されてしまいます。

  

 

それは隣の部屋から聞こえてくる音楽だったり、外の道路を走るトラックの音だったり、テレビ放送のタレントのトークだったりさまざまです。ひとことで雑音という言葉でくくることができるでしょう。

 

 

f:id:yuntonbon:20190117114620j:plain

 

 

このようにさまざまな生活音や雑音によって気が散ってしまい、瞑想を続けることができなくなってしまう。瞑想初心者アルアルのひとつです。

 

 

ですからはじめのうちは静かな環境で瞑想するといいでしょう。静かな室内、人気のない山や公園や海辺まで足を運び瞑想するのです。しかし、それでも瞑想が上手くいかないことがあります。

 

 

自然が豊かな場所にいてもさまざまな音が聞こえてくるからです。風の吹く音、川の流れの音、鳥のさえずり、海の波の音、遠くで吠える犬など。音がしなくなったと思ったら、今度は自分のお腹が空腹でグーグー鳴ります。

 

 

時間と交通費をかけてせっかく遠くまでやってきたのに、どこに行っても音が気になり瞑想に集中できません。どうしてでしょうか?そしてどうしたらいいのでしょうか?

 

 

世界中のどこに行っても音のない場所などありませんし、それどころか自分の身体から音が鳴ることもあります。音から完全に逃げることはとても難しい話かもしれません。

 

 

でも実際には、音がうるさくて瞑想できないのではなく、「うるさい」と考えている自分の思考の方がよっぽどうるさく煩わしいのです。ゾクチェンパといわれるレベルの人はこのことをよく知っています。

 

 

瞑想中ゾクチェンパは思考に煩わされなくなりますから、喧噪渦巻く繁華街でも瞑想することができるのです。「うるさい場所でも瞑想できる」という話をすると驚かれますが、とりたてて驚くことでもないのです。

 

 

たとえどんなに人里離れた場所まで足を運んでも、自分の頭のなかが思考でいっぱいならば、衣擦れのようなわずかな音でも瞑想の邪魔になります。一方、思考に煩わされなくなるとどんな騒音のなかでも瞑想することができるようになります。

 

 

うるさいのは音ではなく、自分の思考なのです。

 

 

なるほど、ゾクチェンパならばどんなうるさい場所でも瞑想できるとしても、瞑想初心者の場合にはどうしたらいいのでしょうか?その場合は、なるべく静かな場所で瞑想して、瞑想中に音が聞こえてきても気にしないことです。

 

 

 

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから

  • 1月20日(日)東京 ゾクチェンの基礎知識2
  • 2月3日(日)大阪 ゾクチェン瞑想教室
  • 2月24日(日)東京 初心者向け瞑想教室
  • 4月14日(日)アマナマナさん 歌うゾクチェン