ゾクチェンのブログ

チベットのゾクチェンの教えとボン教に関するブログ

今日はチベット新年です!

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

今日はチベットのお正月(ロサール)です。チベット語で新年おめでとうございますというのは、「ロサール・タシデレ!」といいます。

 

 

f:id:yuntonbon:20200224132823j:plain

ボン教僧院のお正月飾り

 

 

「タシデレ」は最も有名なチベットです。チベット文化圏を旅行する人や、チベット文化に触れる人が最初におぼえる言葉です。ガイドブックやチベット語会話の教科書には「タシデレ」は「こんにちは」という意味だと書かれています。 でも「タシデレ」の本来の意味は「おめでとう」や「吉祥」といった意味なのです。

 

 

この言葉はインドやネパールに亡命してきたチベット人が、「こんにちわ」の意味で使用するようになったそうです。つまり故国を失い難民となった人々が「おめでとう」という言葉を「こんにちわ」という意味で使用しはじめたのです。

 

 

この言葉は今ではチベットにも逆輸入され、チベットでも「こんにちわ」という意味で「タシデレ」という言葉が使用されることがあります。「タシデレ」という言葉をまずおぼえてみましょう。

 

 

それではまた!

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 5月末までお休みをいただきます。それまでのあいだ、有料のオンライン教室をぜひご利用ください。ご理解とご協力をお願いします。

bonjapan.jimdofree.com

 

 

 

 

今後の予定について

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

いつも瞑想教室にご参加いただきまして、ありがとうございます。ご存じのように新型コロナウイルスに感染する人が増えています。参加者の皆さまが感染されないように、5月末まで瞑想教室はお休みをいただくことに決定しました。

 

 

f:id:yuntonbon:20200222135802j:plain

カトマンズ市街の夜

 


6月以降の予定に関してはまだ未定です。決まりしだいに無料のメーリングリストやこのブログやHPとうでお知らせします。まだメーリングリストにご登録いただいていない方は、この機会にぜひご登録ください。

bonjapan.jimdofree.com

 

 

 

またいくつかの伝授内容は有料のオンライン教室で受講可能になっています。ご自宅にいながら、パソコンやスマホで視聴できます。この機会にぜひご利用ください。

bonjapan.jimdofree.com

 

 

まだまだ寒い日が続きますので、どうぞお身体ご自愛ください。一日も早くコロナウイルスが収束することをお祈りしています。それではまた初夏にお会いしましょう!

 

 

ちいさな瞑想教室 箱寺

 

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 5月末までお休みをいただきます。

ご理解とご協力をお願いします。

 

 

延期のお願い

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

ご存知だと思いますが、コロナウイルスの感染拡大が危惧されています。参加者みなさまの安全を第一に考慮して、瞑想教室の延期をお願いしたいと思います。以下今後の予定を一覧にしてお知らせします。

  

 

2月15日(土)出版記念お話会 予定どおり開催

2月16日(日)東京の初心者向け瞑想教室→3月22日(日)に延期

2月23日(日)東京のゾクチェン瞑想教室→3月29日(日)に延期

3月15日(日)大阪のゾクチェン瞑想教室 開催予定

3月15日(日)大阪の初心者向け瞑想教室 開催予定

 

 

f:id:yuntonbon:20200214113003j:plain

飛行機から見たヒマラヤ

 

 

2月15日の出版記念お話会は予定どおり開催されます。不安な方は主催のナチュラルスピリット社さまにお問い合わせください。

 

恐れ入りますが、3月22日の東京の初心者向け瞑想教室をご希望の方は、こちらからもう一度ご予約のお手続きをお願いします

 

3月29日の東京のゾクチェン瞑想教室をご希望の方は、こちらからもう一度ご予約のお手続きをお願いします。

 

 

すでにご予約済みの方には、メールにてお知らせしています。

3月からは平常どおり瞑想教室を開催する予定ですが、状況によってはさらに延期になる可能性があります。その場合にはこのブログやフェイスブックTwitterでお知らせいたします。

 

 

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

ちいさな瞑想教室

 

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

naturalspirit.ws

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから  

  • 2月15日(土)出版記念イベント&サイン会
  • 2月16日(日)東京 瞑想のはじめ方(延期)
  • 2月23日(日)東京 ゾクチェン瞑想教室(延期)
  • 3月15日(日)大阪 ゾクチェン瞑想教室
  • 3月15日(日)大阪 マンダラ供養瞑想
  • 3月22日(日)東京 瞑想のはじめ方
  • 3月29日(日)東京 ゾクチェン瞑想教室

  

 

  

ボン教僧院増築の中間報告

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

以前のブログに書きましたが、一月の下旬にヨンジン・リンポチェのご長寿をお祈りする式典に出席するためカトマンズに行ってきました。一週間ほど式典が続き、メインの式典には千人以上のボン教徒やボン教仲間が世界中から集まりました。

 

 

僧院や近くに設けられた特設会場は人人人でごったがえしていました。その人の波から離れて、私は僧院の増築現場に足を運びました。

 

 

f:id:yuntonbon:20200212213347j:plain

住みはじめているちびっこ僧

 

ネパールに旅立つ前フェイスブックに投稿されてた写真を見たときには、増築中のこの建物が新しい本堂になるものだと思っていました。ところが実際にはちびっこ僧(入門僧)たちの寄宿舎になる計画でした。まだ建設中でしたが、すでに多くのちびっこ僧たちがこの建物のなかで生活をはじめているようす。

 

 

f:id:yuntonbon:20200212213407j:plain

塗装の作業中

 

ネパールでは建設作業中に竹が足場として使われるようです。冷や冷やしながらそばで見ている私をはた目に、現地の作業員がてきぱきと(?)仕事を進めていきます。

  

 

f:id:yuntonbon:20200212213511j:plain

がら~んとした室内。

 

この建物はおおまかな構造はすでにできていました。このときは塗装を中心に進められていました。このあと窓や水回りの工事が始まるものと思います。このが~んとした大部屋は壁でいくつかの小部屋に仕切られることでしょう。

 

 

この建物だけでたくさんの部屋が確保されます。講義用の教室、瞑想修行するスペース、お坊さんや尼さんたちの住まいなど。いままで手狭だった問題が一気に解決されると思われます。

 

f:id:yuntonbon:20200212213936j:plain

新しい本堂の地盤改良工事

 

この建物の隣で崖が削られ、地盤改良工事がおこなわれていました。見てみるとかなり大きな柱がたつようす。こちらに新しい本堂が建てられるそうです。本堂の建設はまだこれから。この秋の11月ごろにはすべての増築が完成する予定だそうです。また新しい情報が入ったらお知らせします。

 

 

追記:2月9日大阪のゾクチェン瞑想教室で伝授した内容がオンライン視聴(有料)可能になりました。詳細とお申込みは下のリンクからどうぞ。

bonjapan.jimdofree.com

 

 

それではまた!

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

naturalspirit.ws

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから  

  

 

 

 

 

人類はみな麺類 in カトマンズ

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

月曜日にカトマンズから帰国しました。いままで何度もネパールに渡ってきた私。今回の往路復路は大変困難な旅になりました。その話はまた別の機会に。一方で現地滞在中はそれを補うかのような素晴らしい出会いに満ちていました。

 

 

今回のブログではカトマンズのグルメ情報をお伝えします!現地に長くお住まいのGoroさんがフェイスブックで、カトマンズに新しいラーメン屋ができたとの情報を以前投稿されていました。その投稿を見て以来、このラーメン屋がずーっと気になっていたので、今回実際に足を運んでみることにしました。

 

 

f:id:yuntonbon:20200206085824j:plain

人類はみな麺類

 

場所は外国人向けの安宿やレストランが軒を連ねるタメル地区のカトマンズゲストハウス内。カトマンズゲストハウスはタメル地区でも老舗の中級宿で、かつてはトレッキングや登山をする人の常宿だったそうです。何年もカトマンズに通っている私ですが、今回初めてこのカトマンズゲストハウスのなかに入ってみました。

 

 

このラーメン屋の名前は「人類はみな麺類」。大阪の人はきっと”ピン”ときたと思います!西中島南方にある有名なお店です。私は大阪では西中島南方のビジネスホテルに宿泊することが多いので、このお店の近くをよく通ります。いつも長蛇の列が途切れることもなく、雨の日でもたくさんの人が店外に並んでいます。

 

 

私自身一度雨の中1時間ほど並んで、一杯千円前後のラーメンを食べたことがあります。「こんなラーメンがあるんだ~!」と驚きながら食べた記憶があります。このお店がカトマンズに数店舗支店を出したということで興味津々だったのです。

 

 

f:id:yuntonbon:20200206085821j:plain

一番人気のラーメン

 

 

カトマンズにあるこの支店で一番人気のラーメンを注文しました。一杯700円くらい。コックさんはネパール人の女性。スープがとても美味しかったです!ネパールでの麺つくりはだいぶ苦労されている模様。とはいえ十分美味しく、口のなかだけが日本に帰国したような感覚に包まれました。

 

 

実はカトマンズはおいしい日本食を手ごろな値段で食べられることで、アジアを歩くバックパッカーのあいだで有名でした。(いまでもそうか不明ですが・・・)実際タメル地区には数店舗の日本食レストランがあります。

 

 

「ネパールでもこれほどの味を楽しめる日本食のお店ができたのか!」とシミジミ思いました。ネパールの国民食ダルバーツもおいしいけれど、胃が疲れたらたまには日本食レストランに行くといいかもしれませんね。

 

 

それではまた!

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

naturalspirit.ws

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから  

  

 

カトマンズから

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

いまカトマンズの首都ネパールにいます。1月25日から30日までのあいだにティテン・ノルブッツェ僧院で催しされた特別な式典に出席するためです。

 

 

f:id:yuntonbon:20200131122022j:plain

ラマと・・・。

 

 

「箱寺さんは次いつネパールに行かれるの?」という質問をよくいただきます。いままでに私自身が必要とする教えはほとんど伝授していただいてきましたし、いまは日本にいて経典の翻訳や瞑想教室の運営に力を入れています。

 

 

ここ数年は国立民族学博物館チベットの護符の調査のために、年に1回~3回ネパールに来ていました。それは純粋に学術研究の協力のためで、私自身の修行とはまったく関係のないものでした。

 

 

ですから調査が終了したあとは、しばらくネパールに行く必要がないと思っていたのです。ところが私が尊敬しているある日本人ゾクチェン修行者の方から「ラマには時々会いに行くべきですよ」という言葉をいただきました。

 

 

f:id:yuntonbon:20200131122138j:plain

式典会場は人人人であふれかえっていました!

 

 

それにたいして私は「ラマにお会いしても教えをもらうわけではないし、あいかわらず元気にやっていますと答えるだけです。ほんの3分の会話のために、何日もかけてネパールに行くのはちょっとどうでしょうか」と答えました

 

 

「でもいつ二度とラマにお会いできなくなるか分からないよ~。会える時にあっておきなさい」という言葉をいただきました。私「なるほど~」。

 

 

この先輩ゾクチェン修行者の言葉に動かされて、ちょうど私の根本のラマであるヨンジン・リンポチェの95回目のお誕生日と長寿を祈る式典が行われる時期に合わせて、ふたたびネパールに来ることにしたのです。

 

 

ひさしぶりにリンポチェにお会いしてリンポチェは開口一番、「ワシとおまえはいつ二度と会えなくなるかわからんのだぞ」と満面の笑みで繰り返しおっしゃいました。しばらくチベット語を使っていなかった私は、とっさにはチベット語が出てこなくて「ロング・ライフ(ご長寿を)!」とだけしか言葉が出てきませんでした。

 

 

この式典には世界中のボン教徒が一堂に集合しました。チベット人ボン教徒だけでなく、フランス、北米、東欧、南米、台湾、中国などなど。各地のボン教センターで教えを説かれている高僧方にも久しぶりにお会いできました。どの高僧もメジャーリーグ級の方々たち・・・。

 

 

f:id:yuntonbon:20200131122059j:plain

灌頂を授けるリンポチェ

 

 

この式典には世界中から千人から二千人ほどの人々が集まりました。かつてこじんまりとして誰も見向きもしなかったボン教のこのティテン・ノルブッツェ僧院に、こんなにたくさんの人々が集まったことに私は驚愕を隠せませんでした。

 

 

チベット人のみならず世界中の人々からボン教が愛されている証です。そしてそれはヨンジン・リンポチェの修行と智慧により実現したことなのです。

  

 

それではまた!

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

naturalspirit.ws

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから  

  

 

書籍化決定(たぶん)!

ゾクチェンの教えを日本で伝授している箱寺です。ゾクチェンの教えやチベット瞑想について執筆しています。よろしくお願いいたします。

 

 

先週の金曜日(1/17)に京都大学ボン教の無料イベントが開催されました。国際シンポジュウムで、第一線で活躍されている日本人の大学の先生三名、チベット研究で著名なチェコの大学の先生一名、ボン教の高僧(ゲシェ)一名、修行者の私。合計六名それぞれが専門の分野の立場から、ボン教について語りました。

 

 

f:id:yuntonbon:20200120191449j:plain

ボン教の高僧ニマ・ウーゼル師と


 

 

それぞれの論者が、ボン教の歴史、ボン教の思想、ボン教の文化、ボン教儀礼ボン教密教ボン教のゾクチェン瞑想について語ったのです。どの論者の講演も目からうろこの話ばかりで、無料でボン教または古代チベット文化について知識を深めることができました。

 

 

企画・運営をされた京都大学の熊谷先生に感謝感謝です!日本でチベット仏教法話を聞く機会は以前とくらべだいぶ増えましたが、客観的な歴史や、とくにチベットの古代史を知る機会や書籍は、まったくと言っていいほど皆無です。情報やイベントがちょっと偏っているかな~。

 

 

今回どのご講演も興味深かったのですが私が一番心に残っているのは、「古代チベットボン教では人が死ぬと動物が迎えに来てくれて幸せな土地に死者を連れていってくれた」というお話。まるで阿弥陀如来のご来光みたい!

 

 

当時のチベット仏教の僧侶たちは、「人間より劣っている動物に連れていってもらうのはおかしい!それでは人間が動物より劣っていることになる」と反論していたと古い文献にあるそうです。

 

 

f:id:yuntonbon:20200120191440j:plain

どなたも一流の学者さんたち

 

 

あなたが死んだときに、いったい誰に迎えに来てもらいたいですか?阿弥陀如来、それとも両親、動物?おそらく古代のチベット人たちは、動物を愛し信頼していたのでしょう。時代が下ると人間しか信じられなくなったのかもしれません。ちょっと「もののけ姫」を思い出しました!

 

 

人それぞれで意見は異なるでしょう。人間の姿をしている者に手を引いていってもらうのもいいけど、鹿や馬の背中に乗って旅立つ方が私はワクワクするかな~。その方が楽しそう!ボン教って、ほんとシアワセ💛

 

 

ボン教にはゾクチェンやブッダの教えだけでなく、こうした古代の人類がかつて持っていたが今は失われてしまった精神世界の地下水脈への通路も残されているのです。さすが世界最古の宗教文化のひとつに数え上げられるだけあります!

 

 

ホント、ボン教をやっていてよかったと思うし、ボン教の魅力にますます魅かれていきます。こんなことを考えながら先生方のご講演を聞いているあいだに、イベントは終了。あっという間の4時間。会場のみなさんも、まだまだお話が聞きたい様子でした。

 

 

f:id:yuntonbon:20200120191445j:plain

会場は超満員

 

 

このイベント満席だったために参加できなかった方が少なくなかったそうです。東京や遠方に住む人も参加したかったことだと思います。でもご安心ください。今回のシンポジュウムが大成功だったので、京都大学の熊谷先生が書籍化してくれる予定なのです。パチパチパチ。

 

 

書籍が出来上がったら、このブログを読んでくれている皆さまに購入方法をお知らせします。どうぞお楽しみにお待ちください!

 

 

ちなみに私は現代の煩悩三毒(ラインの未読スルー、フェイスブックのいいねが少ないこと、インスタ用の写真を撮り忘れること)を克服する方法についてお話をしました!

 

 

追伸:1月19日東京のゾクチェン瞑想教室の内容がオンライン視聴できるようになりました。1月12日東京「ボン教が衰退しない理由」も合わせて視聴されることをおススメします!

bonjapan.jimdofree.com

 

 

それではまた!

 

 

f:id:yuntonbon:20191021125746p:plain

ボン教の僧侶に風雨を防ぐ教室と衛生的な住まいを!ご支援をお願いします

  

 

naturalspirit.ws

 

f:id:yuntonbon:20191021125742p:plain

発売中:ゾクチェン瞑想マニュアル

  

ボン教ゾクチェン ちいさな瞑想教室 ご予約受付中!

詳細とお申込みはこちらから